読んだ備忘Log

本とマンガの読書感想ブログ

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則

 

ソフトバンク社長・孫さんの側近が書いた本。
資料作成の考え方とコツが書いてある。


偉い人ほど忙しいので10秒でわかる資料をつくれと。
そのためにどうまとめるかが分かりやすく書いてある。
わかりやすさイコール表現の仕方であり、自分は何を伝えるのかという本質を考えることになる。


興味深かったのはどんなものも回帰分析をするようにと。
また、よくやっちゃうけどプレゼン資料と普通の資料は使いまわすのでなく別につくれとか。


面白かった。


プレゼン資料の本はパワポやエクセルの使い方、グラフの意味など…技術と知識を教える内容がほとんど。
でも、技術のまえに「何をどう伝えるか」、そのためのアウトラインを考えないと、なんとなくで完成してしまう。


何のためにつくって、誰に見せて、それで何をしたいのか。
そんな本質を教えてくれる本がコレ。


最初にコレを読んで作りたい資料を頭に描けるようになったら、一般的なプレゼン資料づくりの本を読むと効率が良いと思う。面白かった。