読んだ備忘Log

本とマンガの読書感想ブログ

高台家の人々 1~6巻

 「ごくせん」「デカワンコ」の作家さん。
このマンガも面白さは間違いない。

 

妄想が趣味の地味なOLが主人公。
ニューヨーク支社から来た超イケメン社員・高台光正に突然食事に誘われ、驚く。
実は光正には、人の心が読めるテレパスの能力があった。

 

6巻が最終巻…面白かったので終わったのが悲しい。
笑えて、ちょっと考えさせられて、でも主人公のふわふわした感じに癒されて、よい作品だった。

 

 

広告を非表示にする