読んだ備忘Log

本とマンガの読書感想ブログ

うつヌケ

うつになった人がどう抜けていったかを描いたマンガ。
色んな人の事例があり面白かった。


マンガでは色んな事例が載ってて参考になる。
私や周りの人の話で思い当たることが沢山あった。

思い出すと、「黒いアイツがやってくる」と言ってた人や、職場のいじめがひどいというのでレコーダーで録音したのを聞かせてもらったら普通に注意してるだけだった人とか、調子が悪いのに周りが困ると助けにいく人とか…マンガにも事例が載ってて共感。


健全な自己肯定ができてないというマンガでの解釈に、そうだなと思った。内発的か外発的かわからないけど、そういう状態になってる気がする。
抜けるためには肯定感と達成感がキーワードなのも共感。


このマンガが状況や精神状態を解説してくれてて理解が進むのと、
この間読んだ副腎疲労が鬱の原因になりうるという身体からアプローチした本…他の本でもいいとけど、心と身体の両方を知ると色んなタイプの鬱がわかってくるのかもと思う。